日本のFMラジオについて

日本のラジオ放送のうち、FM放送と呼ばれるものがあります。

FM放送とは、超短波ラジオ放送のことを表します。

周波数の超短波を用いていて、中波数変調(FM)を用いて放送をされているものです。

伝送できる周波数帯域が広いなどということから、AM放送に比べて非常に音質が良く、そのため、主に音楽番組の放送がされています。

FM放送にも、キーステーションとなるラジオ放送局があります。

「TOKYO FM」をキーステーションとするJFN、「J-WAVE」を中心としたJFL、「InterFM」キーステーションとした外国語放送局などです。

また、全国放送を行うFM局にたいして、最近では地域に密着した情報を提供することを目的とするコミュニティFM局と呼ばれるものも多く存在しています。

また、免許が不要な微弱電波による送信機がたくさん流通していて、それらを使ったミニFM局と呼ばれるものが各地にたくさんあります。

誰でも簡単に開設出来るので、いろんな場所で放送されています。

学園祭や運動会などでのミニFM 、町の話題や地域のコミュニケーションの場としての放送や商店街や町興し、イベントの会場案内、スタジアムや競馬場でのミニFM実況放送など、目的はさまざまです。